« 日本は監視社会だったのか | トップページ | 責任を取らない人たちは… »

2017年5月15日 (月)

「人生相談師」

 こういう職業があるのを初めて聞いたのは、タモリの「笑っていいとも」であった。
 どんなコーナーかも、どんな内容かもまったく憶えていないが、一般人の登場者の職業が「人生相談師」と表示されていたのである。
 もう10年ぐらい前のことだろうか。以来、何か気になって、いつかちゃんと調べてみようと思いながら、今日まで来てしまいました(^^;

 実は先日、もう既に第一線をリタイアしている知人が、「こうやっていろんな人の人生相談を受け、その結果を見届けるまで、祈るようにして神経をすり減らしているのに、先日テレビに出ていたけど、有名な占い師が法外な料金を取って人の深刻な問題に無責任なアドバイスをシャアシャアとするのは釈然としないよな」とぼやいていたので、それであらためて「人生相談師」のことを思い出した次第。

 その知人、お金にならない相談を受けるのを嘆いているわけではなくて、占い師が最後まで責任を持たずにアドバイスをすることを憤っていたので、「人生相談師をやってみたら」なんて不謹慎なことは言いませんでしたけどね。

 で、この「人生相談師」、ネットで検索してみたら、やはり「笑っていいとも」に出ていた人のことが出てきました。気になっていた人がけっこういた、ということなんだろうね。
 その人は福岡在住で、ご夫婦で「相談業」を受けているらしいんだけど、多少、スピリチュアリズムや占いなんかを取り入れているみたいですね、やはり。
 いろいろネットを辿っていったら、今はふつうの占い師でも「人生相談師」を名乗っている人がいるらしいけど、草分けというか、初めて「人生相談師」を名乗ったのは、どうも福岡のその人らしいけど、ここはまぁ不確定です。

 知人は、「お金なんか取ったら、相手の非を指摘することもできず、ただ相手が納得するところに着地すればいい、という答しか出せない。そんなの人生相談でもなんでもない」と言っていて、その慧眼に心服したけど、うーん、この「人生相談師」という職業が自分の意識に引っかかっていたのは、「これでお金を稼ぐことができるのだったらいいよなぁ」という浅ましさの故だったのかもね。汗顔の至りです。

« 日本は監視社会だったのか | トップページ | 責任を取らない人たちは… »