« 「美しい」ということばの響き | トップページ | 大切なことはみんなドラマが… »

2017年5月11日 (木)

夕景の茜色

0321b


 この記事の写真は、我が家から見た夕景の写真です。
 自分のサイト(http://kmplan.net)にも、けっこう夕焼けや朝焼けの写真を挿入していて、それは、これからもたぶん続くと思います。
 何故かというと、単純に、好きだからです。

 携帯電話を取り替えるたびにカメラの性能も向上してくるので、もう今では、9割以上、携帯(スマホ)で写真を撮っていますが、一番多い被写体は、やはり夕景かな。
 本当は朝焼けも劣らず好きなのですが、なにせ朝焼けの時間は、だいたい夢の中…。必然的に、撮る写真のほとんどは夕景になってしまいます。

 いつだったか、友人と二人で呑みながら話していて、突然、「朝焼け(朝陽)と夕焼け(夕陽)の色って、似ているけど違うよな」と振ってきました。もちろん、私もずっと感じていたことなので、深く同意したけど。
 ただ、その時は、どう違うのかが、二人とも説明ができなかった。
 でも今は、こう思っています。「朝陽は生命力、夕陽は鎮魂」だと。

 朝陽の「生命力」は、説明の必要がないと思います。
 夕陽の「鎮魂」というのは、一日の中でいろんなことがあって、必ずしもいいことばかりではない日も多いけど、その一日の終わりに感じる猛った気持も、深く沈んだ気持も、全部、平らかにしてくれる、まぁそんな意味です。

 なので、朝陽、朝焼けは、力強い光だけど一本調子、夕陽は、同じ色でも見る人によってその色合いを変えてくるのではないでしょうか。

 でも、ごく稀に、全空を見事な茜色に染める朝焼けというのもあって、もしそんな写真を見せられたら、朝陽か夕陽か判断がつかないでしょうけどネ。
(2016.07.20)

« 「美しい」ということばの響き | トップページ | 大切なことはみんなドラマが… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事