« 責任を取らない人たちは… | トップページ | 時代劇に取って代わったのは刑事ドラマ? »

2017年5月16日 (火)

そういえば…

 私の人生のお師匠さんは、日本人の生命の底流にある悪しき傾向性として、「寄らば大樹の陰」と「長い物には巻かれろ」の二つがある、と指摘されておられる。
 人から責められないように対処する、というのも、そうした傾向性が根底にあるからなんだろうね。突出した存在を許さない、なんていうのも同じ。とにかく、目立たないように、人と違わないように…。

 個人主義というのは、しばしば、利己主義と混同されるけど、本来は、「自分の“個”も他人の“個”も尊重する」という、文字通り、リベラルな考え方のはず。もっとそうした考えが浸透すればいいのだけど。

« 責任を取らない人たちは… | トップページ | 時代劇に取って代わったのは刑事ドラマ? »