« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月12日 (水)

4―6月期のドラマで面白かったのは…

 テレビ時評を書き続けるには、テレビを見続けなければならない。でも、これがけっこう至難の業だったりする。

 4―6月期が終わったので、ドラマの総括をしようと思っていたが、結局、書けなかった。何故かというと、ほとんど見ていなかったからだ。
 元々、ゴールデンタイムにリアルタイムで番組を見るのは不可能に近いので、各クールの初めに、新ドラマは一通り録画し、目を通すようにはしている。しかし、ここ2、3年は、最初の5分で消去してしまうことが多くなってきた。

 要するに、つまらないのである。
 テレビ時評と言うからには、面白くてもつまらなくても、ひと通りは見た上で、良かった悪かったと言うべきなのは分かっているが、ほとんどのドラマは、最後まで見られませんでしたね、ハイ。

 もちろん、面白い、つまらないというのは個人の感性の問題であり、「最近のドラマって面白いのが多いよね」という人だって、きっといるに違いない。まぁ少数だろうけど。
 でもって、前期、何とかほぼ全話見たのは、「4号警備(NHK)」、「櫻子さんの足下には死体が埋まっている(CX)」の2本かな。
 あと「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(CX)」、「緊急取調室(テレ朝)」、「警視庁捜査一課9係係長(テレ朝)」の3本は、録画はしたけど、クール後半は見るのがけっこう辛くて、冒頭、事件の概要が分かる部分まで見て、あとは終盤の解決編まで飛ばして見ていたから、全話見た、とはちょっと言えないかも。
 逆に、「リバース(TBS)」は、最初、1話で見るのをやめながら、カミさんが続けて見ていたのを横で“ながら視聴”していて、結局、最後の2話ぐらいはのめり込むように見てしまいましたねぇ。

 こうして並べてみると、見事にミステリーオンリーだね。今期は特に多かったのかもしれないが、「小さな巨人(TBS)」のように、期待しながら、2、3話見て、これ以上見続けるのはムリ、と判断したのもあるし、冒頭に触れたように、5分見て、バカバカしくて見ていられないものもありました。どれ、とはいいませんが。

 なぜつまらなくなったか、というのは、いろいろな理由が考えられるし、今は見る方も“視聴巧者”になってきているので、どのドラマにもあてはまる理由というのはないのかもしれない。だからあくまでも「自分の場合」という話になるが、私の場合、登場人物のキャラクター設定がしっかりしているドラマは、比較的、長く見続ける傾向がある。

 とまぁ、全体的には不作だったという感想を持つ中で、特筆したいのは、やはり「やすらぎの郷(テレ朝)」ですかね。
 昼帯と夜のドラマとを単純に比較できないけど、逆に、民放の昼帯でよくもこれだけの大物俳優を集めたな、というのが、最初の感想。
 そして、物語がそれなりに面白い。基本的に老人ホーム内での群像劇なので、波瀾万丈の事件が日々起こるわけではないのだが、住んでいる人たちがTV業界人ばかりというのがミソで、過去の栄光を背負う者たちだからこその、一般人とは異なる日常が繰り広げられる。
 菊村栄という主人公を演じる石坂浩二は、元シナリオライターという設定で、脚本を書いている倉本聰を投影しているとも言われるが、ずっと見ていると、石坂浩二の素の姿を見ているような錯覚にも襲われる。
 現実でも元妻だった浅丘ルリ子らに「栄(えい)ちゃん」と呼ばせているのは、石坂の実際の愛称である「兵(へい)ちゃん」を連想させ、これは絶対に狙っているに違いない。

 おそらく視聴者は、“ギョーカイ”の内幕を覗く面白さを、まず感じているのだと思う。さらに、シニア世代が直面するさまざまな問題をけっこう真正面から取り上げ、それでいてあまり生々しくなく、「ドラマでの出来事」とオブラートにくるんで見せているので、半分は我が身に当て嵌め、半分は他人事として、ある程度の距離を置いて見ることが出来る。その辺は、さすがに倉本脚本だなと唸らせる。

 ネットで知ったのだが、倉本聰は初め、この企画を、「北の国から」でお世話になったフジテレビに持ち込んだそうだが、フジはまったく取り合わなかったとか。
 今、これだけ話題になり、視聴率も伸ばしているのを見て、フジは地団駄を踏んでいるに違いない。
 人も会社も、落ち目の時ってそんなものである。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »